ナビゲーションメニューへ

7月 地域の茶の間 がる

  7月 地域の茶の間 がる

メニュー

☆身欠きニシンの山椒酢漬け

☆乾燥トマトいり米パスタ

☆たたきキュウリの梅和え

☆ハスカップと黒豆の牛乳寒天

☆長岡式発酵玄米

☆和紅茶  ミントティー

☆バナナケーキ

            

 

  本日は「地域の茶の間がる」を主催するNPO法人がるだするの発足メンバーで日本野鳥の会の葉山さんが、「オオジシギの生態解明の調査」で来苫していて、茶の間に参加して苫東の移り変わりと野鳥の話をして下さいました。

  食事は身欠きニシンはお酒のつまみにあいそうでした。米パスタの食感は初めての味わいで美味しく、たたきキュウリは夏を感じる味、三浦さんのバナナケーキも美味しく、贅沢な彩りメニューでした。

 ハスカップと黒豆が相性が良くてビックリ(*_*)、家倉さん曰く、ポリフェノールどうしなので会うのよ、と教えてくれました。
 ミントティーと和紅茶は爽やかさと自然な焙煎が懐かしい味わいを感じさせてくれました。

 自然の恵みを沢山感じたお膳でした。

                 

ブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ