ナビゲーションメニューへ

6月の地域の茶の間

  山菜まつり 令和元年6月13日

メニュー (家倉さんが摘んでくれた山菜で)

☆『 ウド 』三昧
  ・酢みそ和え~おふくろ味噌、てんさい糖、酢(りんご酢)
  ・新芽の天ぷら~米粉でカリッ!と
  ・茎・皮のキンピラ~ゴマ油、醤油、白ゴマ(関根の)

☆長芋の輪切り・・天ぷら
   米粉をまぶし、なたね油で揚げる
   ※天ぷら(揚げ物)は粗塩とレモン汁で
    お皿にはオオバギボウシを敷いて懐石料理のような盛り付け
(ギボウシは食べられないものもあるので注意、食用はオオバギボウシ)

  盛り合わせ ・しゃべーるの木綿豆腐(冷奴)
            +山ワサビの醤油漬けを添える
        ・三つ葉とセリ・・お浸し2種
       (柚ポン酢)(マヨネーズ)

☆汁物・・・やよいさんのすいとん汁(ゴボウたっぷり)

☆長岡式発酵玄米

☆デザート・・ハスカップかんてんゼリー 初物ハスカップ粒・ミント添え

☆お茶・・タンポポコーヒー  炒る ⇒ 煮出す
     ミント・ティー  (ミント&緑茶)

     

 今日は大人17人、子ども2人と賑やかな茶の間でした。初めて参加する方から、久しぶりの参加の方もいて話に花が咲きました。風邪ひきさんもいて、つわりの辛さの方も居て、それでも着たい茶の間であることがうれしいです。みんな集まり、話しをしていると元気になって幸せな気持ちになり、いつまでも帰りたくない茶の間です。

 かく言う私は日曜に転んで、左手負傷、茶の間が終わってから病院へ行くと、骨にヒビが入っていて、ギプスになって帰ってきました、トホホ
でも今日懐石料理のような山菜三昧を頂き、大変幸せでした。cheeky

ブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ