ナビゲーションメニューへ

7月の地域の茶の間 & 「難病の日」作品展 同時展示

7月の地域の茶の間

今月は若手のホープがメニュー担当
夏色メニュー  紫 赤 緑

☆ふきの葉で包む さぶらぎご飯
   ご飯は長岡式発酵玄米に金時豆と小豆

☆追分のまさみちゃんが育てた野菜のサラダ
   ながぬまブルーベリードレッシング

☆タコとトマトのマリネ(ノンオイル)

☆キュウリとオカヒジキ(まさみちゃん作)つきこんの白和え

☆大根菜の塩もみ

☆追分まきたさんのくらかけ大豆のひたし豆

☆オカヒジキとたまご卵のスープ

☆家倉さんのハスカップ ミルクくずプリン

☆番茶とどくだみどくだみのブレンドティー

  

 

 

今日はお若い手代木さんがメニューを担当してくれました。めずらしいフキの葉でご飯を包むさぶらぎご飯を紹介してくれました。マリネも美味しかった、白和えはキュウリとオカヒジキのシャキシャキ感にしっかりついた味が絶妙でした、これはベテランの味。

 一緒に開催したAS(エイエス)友の会主催の「難病の日」作品展は見事な作品ばかりで胸が熱くなりました。食後のお話しは皆さん素晴らしかったのですが、やはり笠原先生のお話しは格別です。子育て世代のお母さんはこころの栄養も満タンになり、有意義な楽しい時間を共有できる出会いに感謝です。

 

ブログ村ランキングに参加しています
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 地域活動へ