ナビゲーションメニューへ

コミレスブログ一覧

7月の「産直ランチ」

 2ヶ月ぶりの模擬コミレス「産直ランチ」が開かれました。

 

今回はオカリナのミニコンサートもあり、澄んだ音色に参加してくださった皆さんとともに耳を傾けました。

 少しずつ共感してくださる方が増えている、そんな感触のあったランチでした。

 めむの杜ブログでもご紹介しています。どうぞ遊びにいらしてくださいね。 Read more »

本日のエピソード

本日のエピソード

 以前、「めむの杜」さんがブログで紹介してくれた旅のガイドブック「なまら蝦夷」。北海道内の宿主さんたちが協働で編集した北海道の旅行案内書です。このガイドブックに「余市テラス」も紹介されています。

 実は、今日、北海道を車で旅行されているという静岡県からいらしたご夫婦が、「なまら蝦夷」を見て、ランチに「余市テラス」に立ち寄ってくれました。

 いろいろとお話をして、楽しいひと時を過ごしました。お話をする中で、「静岡のどちらですか?」と質問したところ、「浜松です。」とのこと。

 「エッ~!浜松ですか。実は、私と夫はコミュニティ・レストランという活動をしていて、浜松には“てまえみそ”というコミュニティ・レストランがあるんですよ。」 Read more »

余市テラス通信 2009年7月号

余市テラス通信 2009年7月号

 6月は雨や曇りの肌寒い日が続き、農作物の出来具合が心配でしたが、下旬からは暑い日が続くようになりました。7月は、ぜひ好天が続き、遅れた分をとりもどしてほしい!と願っています。余市テラス通信7月号をお届けします

  Read more »

地域食堂「かえで」のメニュー

19日に行ってきた地域食堂「かえで」のメニューです。

三色丼、イかと大根の煮物、豆腐のサラダ、かぶとキュウリの浅つけ、しんじょ椀

オレンジです。

今日のメニュー

地域食堂の今日のメニューです。

みればわかる、カレーライス・たまごスープ・野菜サラダ・コーヒーゼリー。

若い人はカレーライスを頻繁に食べる可能性はあるけど、高齢者はね

殆ど作らないのよ~♪。 

なぜって。。。 それは、独り身だと余すからです。だってカレーライスは

作っているうちに、段々量が増えるでしょ。

だから、独り身には向かないの(^^)

 

 

模擬コミレス「産直ランチ」

 NPO法人めむの杜は十勝管内の芽室町にあります。

今年の2月から芽室にも地域の居場所となるコミレスを作ろう!と動きだし、これまで3回の模擬コミレス「産直ランチ」を実施してきました。

3回やってわかったことは、世代を超えた「居場所づくり」の必要性でした。

常設のコミレスを目指して7月からふたたび「産直ランチ」を開催します。心と体にやさしい食事とあたたかい雰囲気で地域の方々をお迎えできたらと思っています。

「第4回 産直ランチ」

日時 : 2009年7月22日(水)11:30〜13:00

場所 : 芽室町中央公民館

対象 : 老若男女どなたでも

参加料: 一人500円

定員 : 40名(要・事前申し込み/定員に達し次第締め切り)

ランチ献立 : 簡単ちらし寿司 野菜の煮付け すまし汁 一夜漬け 冷やし汁粉

本日の献立

月曜日は「地域食堂」の営業日

今日のメニューは、ひじきご飯・切干大根・豆腐入り白玉団子・みそ汁。

これで300円。   490円ではありません。

余市テラス本日の朝ごはん

「余市テラス」本日の朝ごはんです。

できるだけ「地産地消」を心がけている朝ご飯の内訳は:

 ご飯:江別萩原農園のおぼろづき+深川産の黒米

 味噌汁:昆布、煮干し、混合削り節でだしをとり、北海道産大豆でつくった手作りみそを使用。具は北海道産大豆から作った油あげと余市産の無農薬ブロッコリー。

焼き魚:北海道の鮭のつけ焼きに大根おろし。

卵焼き:余市スルジェ農園の平飼い卵に同農園のイタリアンパセリを使用。

ゆでアスパラ:赤井川村関野農園の無農薬アスパラ使用。

生シイタケのバター焼き:余市町岩井農園の原木栽培シイタケ使用。

煮物:余市周辺のワラビ、笹竹、フキを使った煮物。

納豆:北海道はまなす食品製造の道産大豆使用納豆。

漬物:余市産のカブ、ニラ、フキの漬物。 Read more »

メニュー

6月8日の地域食堂のメニューは。。。

パン・大豆のスープ・ポテトサラダ・パイナップル。

いけてるメニューざんすね。(^^)

「なまら蝦夷」

 雨の週末、おでかけはやはり本屋さん。

「なまら蝦夷」という旅の情報誌をみつけました。道内のおいしいお店や宿泊先などを紹介しています。

最新号7号「余市」のページに「余市テラス」の名前をみつけて

なんだか嬉しくなって帰ってきました