ナビゲーションメニューへ

コミレスブログ一覧

模擬コミレス「産直ランチ」

 NPO法人めむの杜は十勝管内の芽室町にあります。

今年の2月から芽室にも地域の居場所となるコミレスを作ろう!と動きだし、これまで3回の模擬コミレス「産直ランチ」を実施してきました。

3回やってわかったことは、世代を超えた「居場所づくり」の必要性でした。

常設のコミレスを目指して7月からふたたび「産直ランチ」を開催します。心と体にやさしい食事とあたたかい雰囲気で地域の方々をお迎えできたらと思っています。

「第4回 産直ランチ」

日時 : 2009年7月22日(水)11:30〜13:00

場所 : 芽室町中央公民館

対象 : 老若男女どなたでも

参加料: 一人500円

定員 : 40名(要・事前申し込み/定員に達し次第締め切り)

ランチ献立 : 簡単ちらし寿司 野菜の煮付け すまし汁 一夜漬け 冷やし汁粉

本日の献立

月曜日は「地域食堂」の営業日

今日のメニューは、ひじきご飯・切干大根・豆腐入り白玉団子・みそ汁。

これで300円。   490円ではありません。

余市テラス本日の朝ごはん

「余市テラス」本日の朝ごはんです。

できるだけ「地産地消」を心がけている朝ご飯の内訳は:

 ご飯:江別萩原農園のおぼろづき+深川産の黒米

 味噌汁:昆布、煮干し、混合削り節でだしをとり、北海道産大豆でつくった手作りみそを使用。具は北海道産大豆から作った油あげと余市産の無農薬ブロッコリー。

焼き魚:北海道の鮭のつけ焼きに大根おろし。

卵焼き:余市スルジェ農園の平飼い卵に同農園のイタリアンパセリを使用。

ゆでアスパラ:赤井川村関野農園の無農薬アスパラ使用。

生シイタケのバター焼き:余市町岩井農園の原木栽培シイタケ使用。

煮物:余市周辺のワラビ、笹竹、フキを使った煮物。

納豆:北海道はまなす食品製造の道産大豆使用納豆。

漬物:余市産のカブ、ニラ、フキの漬物。 Read more »

メニュー

6月8日の地域食堂のメニューは。。。

パン・大豆のスープ・ポテトサラダ・パイナップル。

いけてるメニューざんすね。(^^)

「なまら蝦夷」

 雨の週末、おでかけはやはり本屋さん。

「なまら蝦夷」という旅の情報誌をみつけました。道内のおいしいお店や宿泊先などを紹介しています。

最新号7号「余市」のページに「余市テラス」の名前をみつけて

なんだか嬉しくなって帰ってきました

 

 

 

スタディ・ツアー

今日、NPO研修・研修センターから総会の資料が届きました。

良く見ると、10月に釧路に来るような様子。。。。

10月3日協働コーディネーター養成講座(札幌)

10月4日コミレス講座(余市)

10月5日スタディ・ツアー(釧路)

と書いてありました(**!

そうか、釧路に来るんだ???

しらなんだ。。。。

余市の食材

 余市テラス」は、昨日と本日は定休日。定休日は、たいてい、おいしくて値段が手ごろな食材を求め、まちに買い物に出かけます。

■食材その1-平目

この平目、約1Kgあります。手に持つと、結構ずしりときます。昨日、町内の魚屋さんで、1000円で買いました。

この平目の頭と内臓を落とし、鱗を取り、お刺身用に4枚におろしました。さらに、その切り身を昆布じめにしました。

本日の夕食でいただきました。おいしい~!!!

■食材その2-原木栽培しいたけ

Read more »

あさり鍋

いきつけの赤提灯の厨房(?)

 

 

 

 

 

 鍋の中身は「ア・サ・リ」。

見かけは悪いけど、ワイン入りのおフランス料理。

お味は「グゥ~」。そういえばあのタレント最近は見ないね♪

「余市テラス」通信 2009年6月号

 緑が美しい季節となりました。「余市テラス」の庭でも、カモミール、チャイブ、セージ等のハーブの花が可憐に咲き始めました。「余市テラス」通信2009年6月号をお届します。

■新しいシェフが登場!

 「余市テラス」では、これまで、店のオーナーである伊藤規久子がランチのシェフを務めておりましたが、今月から新たに、安斎由希子さんがシェフに加わることになりました。安斎さんは、お連れ合いとともに余市町登町で「スルジェ(ネパール語で“太陽”)農園」を経営しており、農園で丹精込めて育てた無農薬・有機栽培の新鮮野菜、平飼いの鶏卵などを使った「おまかせランチ」を提供いたします。乞う、ご期待のほどを! Read more »

ゆうどきネットワーク

17時は仕事最中なので、自宅で録画した放送を見ました。

お客さんがすごくいい顔していて、表情で楽しい雰囲気が伝わりました。

インタビュー受けた田村さんは自宅でも録画したのですが、カットされた

ようですね。

代表の佐々木はいつも難しい顔をしているのですが、今回は穏やかな

いい顔してましたので安心しました。

心配されたNHKのディレクターさんも、何とかコミレスの意図を理解して Read more »