ナビゲーションメニューへ

コミュニティ・レストランフォーラム in 苫小牧のご案内

 ■コミュニティ・レストランフォーラム in 苫小牧「いのちをつなぐ食文化」のご案内

 免疫力を低下させるという放射能汚染が3.11以降避けられない日常になってしまいました。私たちの命をつなぐために“食”の大切さを改めて考えてみませんか! 

 ◆日時:2014年2月13日(木)午前10時~午後3時

◆会場:新生台総合センター(北海道苫小牧市三光町1丁目4-26 TEL:0144-36-1294)

◆プログラム

パートⅠ 午前10時~午後12時30分

調理実習と会食(定員30名)

○メニュー 

・長岡式発酵玄米
・雪見鍋:鬼おろしを使って大根おろしをたっぷり。
      魚(時に応じて)、白菜、ねぎ、春菊、シメジ、椎茸、エノキ茸、人参、
      豆腐、糸こんにゃく、米粉団子他。
・昆布とかつおの佃煮、他に箸休め。
・漬物数種:ご自分の手作りの漬物等の差し入れ大歓迎。
・コーディネーター:世古一穂 
                               (特活)NPO研修・情報センター代表理事/
                                 元金沢大学大学院教授/
                                 コミレスサポートセンタージャパン代表  

 パートⅡ 午後1時~3時(定員50名)

○基調講演 世古一穂

演題「食を根本から見直す!~免疫の意味 暮らし中のアトピーとがん~」

○コミレス実践者の報告:「余市テラス」「地域の茶の間がる」他

安心、安全の視点から「こだわりの5ヶ条」の実践を報告します。

◆参加費:①パートⅠだけ参加 1000円

 ②パートⅡだけ参加 1000円 

③Ⅰ、Ⅱとも参加 1800円

◆主催:NPO法人がるだする

◆共催:コミレスネットワーク北海道

◆実施協力:NPO法人NPO研修・情報センター/コミレスサポートセンタージャパン

◆後援予定:苫小牧市教育委員会。北海道新聞苫小牧支社。苫小牧民法社。

◆お申込み・お問い合わせ先:

コミレスネットワーク北海道副代表/NPO法人わたぼうしの家代表理事工藤洋文まで

TEL:0154-41-6144 FAX:0154‐41-0000

☆お申込みはメール(qjgcd518@ybb.ne.jp )またはFAX( 0154-41-0000 )で

①氏名 ②住所(〒も)③所属 ④携帯電話(緊急連絡先) ⑤FAX ⑥E-mailをお知らせ下さい。

☆参加を希望される方は下記についてもお知らせ下さい。

1.コミニティ・レストランを開きたいが未だ具体化していない。

2.コミュニティ・レストランを開きたいと考えている。

時期(            )

場所(            )

3.現在コミレスやコミカフェを開いている。現在の課題を具体的にお書き下さい。

4.その他(                )